1. HOME
  2. ブログ
  3. 連鶴から始まった折り紙への思い

連鶴から始まった折り紙への思い

和空間演出プロデュース

KaoliArt(香りアート) 折居和美です。

私の経歴とめざす世界についてのご紹介をしていきます。

 

 

 

桑名の千羽鶴との出逢い

2014年の4月に東急ハンズの折り紙売り場で見た”桑名の千羽鶴”

一枚の和紙から何羽もつながった折り鶴に心を奪われました。

 

 

その1ヶ月後に遊びに来てくれた友人が私の目の前で折った

2羽連なった「妹背山」という連鶴は桑名の千羽鶴の中の1作品だったのです。

彼女と共に図書館に行き、「桑名の千羽鶴」の本を借りて

見よう見まねで連鶴制作を始めたのでした。

初の連鶴作品展は一宮の本町商店街で

やがて和紙を購入していた一宮本町商店街の「文光堂」さんで

連鶴の作品展の開催が決まりました。

 

 

 

2015年の3月からの桑名の千羽鶴と一部オリジナル連鶴の作品展は

運良くテレビ、ラジオ、新聞で取り上げていただきました。

 

 

FMいちのみや「あなたにiTime」

 

東海テレビ「スイッチ」

中日新聞・尾張版

 

折り鶴で国際交流イベントに参加

その後はイスラエル旅行をした友人グループに

平和を願う折り鶴を託したり

 

名古屋の韓国総領事館で

東海市の小学生と高校生が作った、韓服折り紙の作品展開催に合わせて

私の連鶴作品を展示していただきました。

 

津島市で開催された中国・韓国の児童・生徒のホームスティのイベントで

折り紙ワークショップなどの活動にも参加して来ました。

 

 

 

初の書籍の監修へ

ブログの記事がきっかけとなり

「かんたんおしゃれな実用雑貨折り紙」(ブテッィク社)

の監修を務めさせていただきました。

 

2017年には台湾で中国語版も発売されています。

 

1から作品を考案するのに、

これまでの連鶴制作の経験は大いに生かされたと思います。

 

 

かんたんおしゃれな実用雑貨折り紙展を開催

2017年1月〜2月には、日本一の商品数を誇る「紙の温度」さんのギャラリーにて、

「かんたんおしゃれな実用雑貨折り紙展」を開催。

多種多様な素材を使った折り紙作品を発表しました。

 

 

 

 

 

折り紙から和の明かりへ

2017年は津島市の古民家再生事業や

国の重要文化財・堀田家住宅を会場とするイベントに参加しました。

 

日韓文化交流イベントにて・韓字切り紙の作家さんとコラボ

 

これをきっかけに折り鶴作品に加えて、

和紙を使ったあかりの制作や、

和の香りを用いるといった

トータルで和の空間作りを目指していきたいと

思うようになりました。

 

 

頭ほぐし専門店・ゆるぎさま・施術室の照明

 

和の世界の美しさをお伝えすることが、

私のライフワークだと信じて、これからも創作活動していきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。